ドライアイ治し方って?ドライアイ目薬はきくのでしょうか

ドライアイ治し方って?ドライアイ目薬はきくのでしょうか

実際のところの評判を伺ってみることにしました。目がかすむってのは結構つらいですよね。私も日頃よく目薬をさしますが、大変です。

 

そもそもの要因は??

そもそもの要因として考えられる部分はなんなのでしょうか。

ストレスなどによる自律神経の乱れ
仕事や勉強によるストレス、疲労、睡眠不足、夜型の生活スタイルなどは、自律神経の働きを乱して、涙の分泌を減少させ目の乾燥を招くといわれています。

長時間のコンタクトレンズの装用
コンタクトレンズを長時間つけていると涙が角膜へ十分に行きわたらないので、目が乾きやすくなります。

モニターの凝視によるまばたきの減少
パソコン、テレビゲーム、携帯電話などのモニター画面を長く見続けていると無意識のうちにまばたきの回数が減ってしまうといわれています。

エアコンや季節の影響による空気の乾燥
冷暖房の効いた部屋は、室内が乾燥しているので、目が乾燥する原因になるといわれています。最近はそういう会社も多くなっていますので現代病と言えるかもしれまませんね。

 

 

 

はじめまして。

私は事務職のパートをしながら高校生の1人息子を育てる40代のシングルマザーです。

事務職のパートは始めてから10年くらいになるのですが、

2年ほど前からドライアイに悩まされるようになりました。

仕事柄、細かい数字の帳簿を見たり、パソコンで作業することも多いのですが、

目がショボショボしたり、もっと悪い時には目を開けているのも辛くなり、

仕事が全然はかどらなくなってしまったんです。

そのせいで私より若い人から

「まだ終わらないの?何年やってるんですか?」

と怒られることも多くなってしまいました…。

自分で言うのもなんですが、これでも元々仕事が遅い方ではなかったんですよ。

でもドライアイのせいで集中力が途切れ途切れになり、

焦らされるプレッシャーで凝視して作業することでますます目が辛くなり、

結局作業が遅くなるという悪循環に陥ってしまったんです。

そのせいであからさまに使えないオバサン扱いする人もおり、一時は

本当に職場に行くのが辛かったです。

しばらく目薬を差すくらいの対策しかしていなかった私ですが、

特に冬場の乾燥は辛く、差してもその直後にすぐに目の表面が

カピカピに乾燥していくのが自分で分かるほどでした。

そんな時、心配した息子がドライアイの対策について書いているサイトを教えてくれたんです。

(恥ずかしながら、私はそれまでドライアイをネットで調べる発想がありませんでした。)

その後、私は他のサイトや本なども参考にして、ドライアイを治す方法をやってみることに。

その結果、おかげさまですっかりドライアイは良くなりました!

職場でも味方になってくれる人ができてきて、今は何とか楽しくやっています。

このサイトでは、そんな私が勉強してきたドライアイ対策をご紹介したいと思います。

ドライアイで生活に支障が出ている人は是非参考になさってください。

ドライアイになる原因は?

まずは何でドライアイになるの?って話からしてみようと思います。

私のイメージではドライアイと言えば、コンタクトをしている人がなるものでした。

だから「私は裸眼だし関係ない」と思ってたんですね。

でも実はコンタクト以外でもドライアイになる理由は沢山あったんです。

他の病気の影響

ドライアイの症状が出る人の中には、その裏に病気が隠されていることがあります。

その代表的な病気がシェーグレン症候群という病気。

ほとんどの人が聞いたことないと思います。

シェーグレン症候群は人の身体に備わっている免疫機能に異常が発生し

自分自身を攻撃してしまう病気で、涙腺を攻撃するためドライアイの症状が

出てしまいます。

命に危険がある病気ではないものの、自分で自分を痛め続けるって

なんだか怖い病気ですよね。

この病気の場合は、例えば感動する映画などを見た時にも泣けなくなったりするそうで、

一般的なドライアイとは少し違う特徴があります。

また、目だけでなく口が渇いたり、関節痛が出たりすることもあります。

40代以上の女性がなりやすい病気だそうなので、私と同年代くらいで、

もし症状に心当たりがあるなら婦人科や眼科などを受診した方がいいでしょう。

パソコン・スマホを使うことが多い

パソコンやスマホを使っている時には、まばたきの回数が減ると言われています。

これは本を読むのと違い、パソコンやスマホは操作しながら画面を見つめるためです。

自覚がなくても、脳の中では情報処理がかなり忙しく行われているようで、

情報処理に手いっぱいになってしまった脳がつい「まばたきしろ」っていう命令を

出し忘れるようなんですよ。

だから自覚がないまままばたきの回数が減ってしまい、目が乾燥してしまうんです。

疲れ目や眼精疲労の影響

目を酷使することによって起こる疲れ目や眼精疲労。

実はドライアイと疲れ目(眼精疲労)は表裏一体の関係にあります。

目が乾燥すると疲れ目の原因になりますし、疲れ目が原因でドライアイになることもあるんですね。

疲れ目もドライアイも対策は変わりませんので、一緒に対策しちゃいましょう。

疲れ目はパソコン・スマホの作業に限らず、1日中運転をするドライバーさんや

勉強を何時間もする受験生など目を酷使する人は誰でもなる可能性があります。

加齢による影響

歳を取ると、肌が乾燥しやすくなりますよね?

これと同じように、歳を取ると涙の量も減り、目も乾燥しやすくなるそうなんです。

また目が衰えると、目のピントが合いにくくなり、目を凝らしたりすることが多くなります。

これが疲れ目の原因になり、結果としてドライアイになる事も考えられます。

つまり、歳を取るとドライアイにも疲れ目にもなりやすくなってしまうんです。

歳は取りたくないものですね…。

周りの環境(コンタクトの使用)

コンタクトをしている人がドライアイになりやすいのは聞いたことあると思いますが、

これはコンタクトを入れることで涙が蒸発しやすくなり、乾燥することが原因です。

またコンタクトをしていない人でも、冷暖房の効いた乾燥した室内にいることで、

目の表面の涙が蒸発し、ドライアイになりやすくなります。

冬場にドライアイがきつくなるのはこのためなんですね。

乾燥は肌にも目にも大敵だということはしっかり覚えておきましょう。

私の場合は、加齢と疲れ目あたりが、ドライアイの原因だと思います。

あなたも心当たりがありそうな原因をチェックして原因を探してみてください。

ドライアイを治すには?

さて原因が分かったところで、いよいよドライアイを治す方法にいってみたいと思います。

いくつかの方法を紹介しますが、できるだけ全部やった方が効果が出やすいでしょう。

目薬はNG

ドライアイと言えば目薬で治すイメージがありますが、実はこれはあまり良くない方法です。

なぜなら、目薬は涙を洗い流してしまうから。

涙の表面は普通の水と違い、乾きにくいとろみのある成分で覆われています。

目薬を使うと、この乾きにくい涙を洗い流してしまうため、余計に目が乾燥しやすくなってしまうんです。

私が目薬を差していた時に感じたカピカピ感はこれのせいだったんですね。

「ドライアイ用目薬」なんていうのも売ってますが、私はあまり効果がありませんでした。

一時的に良くなる人もいるかもしれませんが、根本的な解決にはなりませんので、

私はおすすめしません。

目を温める

目が乾燥した時に目薬の代わりにおすすめなのが、目を温める、ということです。

やり方は、濡らしてレンジで1分程度チンしたタオルを目の上にかぶせるだけ。

やけどには注意してくださいね。

また、お風呂に入った時にシャワーを目の周りに当てるのも良いです。

やってみると分かりますが、目の周りがほぐれる感じで気持ちいいですよ。

やった後は目の前が一時的に少しクリアになります。

乾燥対策

上でも書いた通り、乾燥はドライアイの天敵。

特に冷暖房をかけたり、部屋を締めきることが多い季節には

部屋の中の乾燥を少しでも抑えるように工夫しましょう。

具体的な方法としては、加湿器をつけるのが一般的ですね。

もしなければ洗濯物を部屋の中に干したり、

沸騰させたお湯をコップに入れて置いておくなどでも多少効果があります。

目を使う環境を整える

本を読む、テレビを見る、パソコン・スマホを使うといった目を使う部屋は、なるべく明るくしましょう。

部屋の蛍光灯が古くなって薄暗くなっていたりすると、それだけで目には負担になってしまいます。

暗くしてから寝る前にスマホ、なんてのも当然NGですよ。

テレビ、パソコン、スマホの画面より、部屋の照明の方が明るい状態が理想です。

逆にパソコン・スマホは目との距離が近く、じっと見つめるため、

明るすぎると目に負担がかかってしまいます。

ですので、こちらは逆に明るさを落としましょう。

見えづらくない程度にコントラストを下げれば、目にかかる負担は少なくなります。

眼鏡・コンタクトの見直し

眼鏡やコンタクトを利用している人の場合、

度が合っていないことが疲れ目の原因になることもあるそうです。

目はずっと一定の視力ではなく、変化しますよね?

自分の視力に応じて眼鏡・コンタクトを変えていかないと、

無意識に目を凝らしたりしてしまい、負担になってしまうんです。

私は裸眼なのであまり詳しくないですが、

眼鏡・コンタクトを購入してから何年も同じものを使っている人もいたりしますよね?

こういった方は疲れ目の原因が眼鏡・コンタクトに原因があるかもしれないので、

改めてもう1度検査をして、今の自分に合うものに変えた方が良いと思います。

目に良い食事を摂る

ドライアイなどで目が疲れると、目の周りに血行不良が起きます。

血の流れが悪くなった目の周りには活性酸素と呼ばれる悪い物質が溜まり、これが目を

ショボショボさせたり、痛くする元凶なんです。

この活性酸素を除去してくれたり、外部からのダメージから目を守るのに大事なのが食事です。

食事をバランス良く食べるというのも大事ですが、目が弱っている人はプラスアルファで

目に良い栄養をできるだけ摂取したいものですね。

疲れ目に効くと言われる成分は数多くありますが、中でも私が目をつけたのは

アントシアニンとルテインという成分です。

まずアントシアニンは、ブルーベリーなんかに含まれる成分です。

目の疲労回復や活性酸素を除去する働きがあると言われています。

疲れにくい目を作るのに欠かせない成分ですね。

一方のルテインは、ホウレンソウなどに含まれている成分です。

最近、「水晶体や網膜の酸化を防ぐ」として話題の成分なんですよ。

ドライアイの予防効果もあるようです。

このようにアントシアニンとルテインが入った食材を食べれば、目がダメージに強くなります。

しかし、この2つの成分は朝昼晩の食事で必要量を摂るのは大変

(というか普通は不可能)なことがわかりました。

アントシアニンなんてブルーベリーを1日60~300g食べないといけないんですよ。

すぐに飽きそうですし、金額的にもキツイです…。

そこで私はこれら目に良いとされる栄養はサプリメントで補充し、普段の食事はバランス

よく食べるようにする、という方法をおすすめしたいと思います。

ドライアイに効くオススメサプリ

ドライアイ対策のためにサプリメントを購入することにした私。

沢山あるサプリメントの中で最初はどれを選んでいいのか分かりませんでしたが、

徹底的に比較したり、いくつか購入したりして、今は良いサプリ、悪いサプリを

しっかり見分けられるようになりました。

数あるサプリの中でも私がイチオシなのは、「えんきん」というサプリです。

私自身が一番効果があったから、というのもありますが、他の人にもオススメできる

理由がちゃんとあります。

まずなんと言っても、効果が証明されているってことですね。

「えんきん」は臨床実験を行い、実際に目に効果があることが確かめられているんです。

他のサプリメントでも「えんきん」と同じような成分が含まれていることは多いですが、

成分の組み合わせで効果を発揮するものもあり、ちょっとした違いでも

効果が出る・出ないの違いになることもあるんです。

成分量がいくら多くても、効果が分からないサプリはちょっと冒険ですよね?

その点、「えんきん」では効果が実証されているので安心して飲めます。

また、その効果については、ネットのレビュー・口コミでも折り紙つき。

@cosmeなどに投稿されたレビューを見ると、ほとんどの人が何らかの効果を実感

しているんですよね。

えんきんを飲み始めてから視界が明るくなるのを感じます

えんきんに変えてからは長時間ずっとクリアに見えるようになりました。

飛蚊症になって、試しに飲んだら早めに蚊の模様が消えました。

@cosmeレビューより一部抜粋

こんな投稿がいっぱいあります。

中には他のサプリではダメだったけど、「えんきん」にしてから良くなったという人もいましたよ!

最後の理由は値段と返金保証ですね。

「えんきん」は初回1,000円で4週間分が送られてきます。

その後は30日分で2,160円(定期便なら1,944円)となりますが、どちらにしても

飲み続けるのにそこまで苦にならない値段設定ではないでしょうか?

また、人によっては合わないこともあるかもしれませんが、全額返金保証つきなので

合わなくてもお金を損することはありません。

このように色んなメリットがあるサプリメントということで私も購入したんですが、

実際のところ、思った以上に効果がありました。

サプリメントは一般的に、薬ではないのですぐに効果が出るものではありません。

でも私の場合、3,4日くらいですぐに効果が出てしまったのです。

その日もいつものように嫌味を言われながら、黙々と仕事していた私。

しかし、思ったよりも今日はスイスイ仕事が進むな~と思っていました。

すぐには気づかなかったんですが、この日はいつも苦戦する

細かい数字の帳簿がはっきり見えていたんですね。

(え!?凄い!見えてる!)

私は一人で感動してしまいました。

この日以来、私はスムーズに仕事ができるようになり、それを認めてくれた人が

味方になってくれて、楽しく仕事ができるようになったんです。

ドライアイを治したことで、職場の居場所を取り戻すことができたんです!

これは「サプリメントなんて効くはずない」って思っている人こそ、使ってみてもらいたいですね。

きっとサプリのイメージが変わると思いますよ。

ちなみに「えんきん」人気にあやかってか(笑)、「スマホえんきん」という商品も販売されています。

こちらは若い人向けのサプリで「えんきん」よりも更に安く購入できます。

若くてドライアイに悩んでいる人や、まだドライアイや眼精疲労がそこまで深刻でない人は

まずはこちらを試してみるのもいいかもしれませんね。

⇒ スマホえんきんの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です